注目キーワード
  1. 腰痛
  2. 膝痛
  3. 肩痛
  4. 交通事故
  5. 骨盤矯正

腱鞘炎とは何?手首や指に痛みの症状が出ている時はどうすれば良いの?

日常生活や仕事でパソコンをよく使われる方や指先、手首を使われるという方に症状として多く見られる腱鞘炎。

腱鞘炎って、よく耳にはするけど、実際はどんな症状なのでしょうか?

ここでは、腱鞘炎の原因からその対策についてまで、動画を交えながら紹介したいと思います。

 

腱鞘炎って何??

まずはじめに、腱鞘炎についてですが、腱鞘炎とは

腱の外側を鞘のように取り囲んでいる組織(=腱鞘)が炎症を起こしている

状態の事を言います。

 

腱鞘炎になると、

  • 手首
  • 指先
  • 指の付け根

に慢性的な痛みが続く事があります。

腱鞘炎 痛み

また、職業病としてピアニストやスポーツ選手にも、腱鞘炎の症状で悩まれている方も多くいらっしゃいます。

 

腱鞘炎の原因としては、

指先から手首にかけて繋がっている腱と筋肉とを繋ぐ腱鞘が、指を曲げたり伸ばしたりを繰り返す中で、腱が行ったり来たりする事になって、摩耗していく事が原因で、腱鞘が炎症するため

症状となって出てきます。

 

また、加齢や糖尿病をお持ちの方の場合にも、腱鞘炎になる方が多いと言われています。

 

腱鞘炎に似た症状で、指の付け根が痛む「バネ指」、手首の親指側が痛む「ドケルバン病」といった症状もあります。

 

今までは、スポーツや職業がら手首や指先を使うという方が多かった腱鞘炎ですが、近年ではスマホを使いすぎる事による発症が見られたり、出産後や更年期の女性はホルモンバランスが変わりやすいため、発症するケースも見られます。

 

腱鞘炎の治療はどうすればよいの?

腱鞘炎の治療には、一番は「保存療法」がおすすめです、つまり動かさないようにするという事です。

消炎鎮痛薬の内服、貼り薬、塗り薬などを用いて、とにかく痛みと炎症を緩和していく事が一番で、無理をすると悪化させますので、動かないように固定の器具などを用いるのも一考です。

その上で、治療は鍼灸院や整骨院できちんと行う事、痛みの症状が続く場合は整形外科など病院で相談する事が望ましいでしょう。

 

腱鞘炎を放置するとどうなるの?

ところで、腱鞘炎の痛みを我慢し、そのまま放置しておくとどうなるのか?という事ですが、よく見られる症状としては、

  • 手首や指先を思うように動かせないもしくは動きが悪い。
  • 手がこわばった感じで、違和感がある。

という事があります。

 

また、痛みが収まってきても、無理して使い続けたり、違和感があると再発の恐れもありますし、手術になるほどの症状が悪化となると、通院や治療にあてる時間もとられますので、忙しい方には不向きでしょう。

症状が悪化する前に、腱鞘炎の症状を感じる方は、まずはご近所の整骨院でご相談いただく事をおすすめします。

 

腱鞘炎予防やケアのストレッチ

最後に、腱鞘炎予防のための日頃できるケアやストレッチについて、動画でまとめました。

 

動画の通り、腱鞘炎の原因は腕や指の使いすぎが理由です。

腕の筋肉を伸ばすためにも、手首を掴んで10~20秒ほど伸ばすストレッチを朝、昼、晩と続けて頂くのがおすすめです。

痛みが出る時は無理をせず、ストレッチを行うのもやめましょう。

>あなたの心身の健康をサポートします!

あなたの心身の健康をサポートします!

「笑顔と元気の出るところ」患者様から愛されるわかば鍼灸整骨院は、日本一お客様に寄り添い、心身のリフレッシュ、身体の痛み改善をお客様と一緒になって考える治療徹底主義の整骨院です、気になる事はお気軽にご相談下さい!

CTR IMG