笑顔と元気の出るところ大阪門真で患者様から愛されるわかば鍼灸整骨院

顔面神経麻痺について

顔面神経麻痺は、顔面神経が何かしらの原因によって傷つけられ、顔面の筋肉を上手く動かせなくなって発症します。しかし実は、顔面神経麻痺の症状を呈する病の約60%は『ベル麻痺』と呼ばれる原因不明の特発性麻痺だと言われています。

顔面神経麻痺に対する治療

顔面神経麻痺は自然と治ることが多いと言われることもありますが、症状の程度や治療を開始する時期によって、治りが遅くなったり、後遺症が残ってしまったりする場合があるので、発症後2week以内に治療を開始することが望ましいです。病院での一般的な治療は、ステロイド剤や抗ウイルス剤、ビタミン剤などを投与する薬物療法や、星状神経ブロックなどの治療法が行われます。

鍼灸治療にいらっしゃる多くの顔面神経麻痺のかたは、病院での治療で治らず、発症後数ヶ月〜数年経過してからご来院下さる場合が多いですが、鍼灸治療によって本来持っている自然治癒力が高まり、麻痺した神経を修復し、血行改善によって強張った筋肉がほぐれることで、口角の動きや目の動きが改善されて喜ばれる方が多くいらっしゃいます。

顔面神経麻痺は、

① 原因が特定できる『症候性顔面神経麻痺』
 
② 原因不明の『特発性顔面神経麻痺』

という2つに分けることが出来、特発性麻痺の代表的なものが、先ほど紹介した『ベル麻痺』です。

ベル麻痺の原因

ベル麻痺の原因は不明ですが、ヘルペスウイルスによって引き起こされたり、寒冷刺激や過労、ストレスの蓄積なども関係しているのでは?と言われています。症候性顔面神経麻痺の原因には、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、聴神経腫瘍や顔面神経腫瘍などの神経腫瘍、中耳炎、シェーングレン症候群、ハント症候群、交通事故などによる外傷などがあります。

因みに、ハント症候群による麻痺は、顔面神経麻痺の約15%を占めると言われ、麻痺症状が重症であることが多く、後遺症が生じる可能性が高いと言われています。

顔面神経麻痺の特徴

顔面神経麻痺の症状の特徴は、顔の片側全体が麻痺してしまい、目を閉じられない、口角が下がって唾液が溢れる、額にシワを寄せられない、麻痺側の聴覚が過敏になる、味覚障害、触られても感覚がないなどの症状が現れます。

顔面神経麻痺は当院にお任せ下さい

顔面神経麻痺は後遺症が残るほど危険な病気です。当院は、皆様の症状に合わせた治療を行います。まずは一度当院に貴方のお悩みをお聞かせください。初めての鍼で不安なこともあると思いますが、私たちがあなたのお悩みを改善させるお手伝いをさせて頂きます。わかば鍼灸整骨院は、あなたのご来院を心よりお待ちしております。

>あなたの心身の健康をサポートします!

あなたの心身の健康をサポートします!

「笑顔と元気の出るところ」患者様から愛されるわかば鍼灸整骨院は、日本一お客様に寄り添い、心身のリフレッシュ、身体の痛み改善をお客様と一緒になって考える治療徹底主義の整骨院です、気になる事はお気軽にご相談下さい!

CTR IMG