鍼灸|大阪府門真市末広町古川橋 わかば鍼灸整骨院

 










 髪の毛ほどの非常に細い専用の鍼を使い、経穴(ツボ)を刺激して 気の流れや血液の循環を改善します。一般的には肩こりや腰痛といった 痛みやコリの治療というイメージがありますが、各種内科疾患や婦人科疾患、 小児疾患にも効果のある治療法です。 初めて治療される方は「痛い」「恐い」と思われているようですが、 実際治療されると痛みはなく、むしろ心地よさを実感いただけると思います。 当院ではディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しています。





 現在では大きな火傷の痕を残すようなお灸はあまり行われていません。 灸治療で使う艾(もぐさ)の原料は皆さんもよく知っているヨモギです。 ヨモギの葉の裏にある柔らかな細かい毛を乾燥させて艾を作り出します。 一般的なお灸の大きさは米粒大、または米粒の半分の大きさです。 “熱い”というよりよりは少しチクッと感じる程度です。 お灸の大きさや、お灸をすえる回数で刺激量を調節します。 当院では主として知熱灸、温灸という比較的刺激の弱い灸治療をメインとしています。 やけどの残らないソフトな刺激はお子さんから若い女性にも安心して受けられる治療法です。 特に身体の冷えからくる婦人科疾患や、発育途中の小児疾患などには効果があります。




ページのトップに戻る



 
Copyright (c) WAKABA-SEIKOTSUIN All rights reserved.